マシン

今回、Web開発環境を構築したWindowsマシンは下記の通りです。

  • Surface Book (初代) パフォーマンスベースモデル
  • CPU: Core i7 6600U (2コア)
  • RAM: 8GB
  • SSD: 256GB
  • dGPU: nVIDIA GTX 965M(2GB)

今回の狙い「デフォルトの環境をなるべく汚さないように」

Macと違って、Windowsはアプリのインストールは、システム全体に悪影響を及ぼすことが多いので、なるべくベースのWindowsシステムには影響のない環境を目指します。

また、Windowsには、MacのTime Machineのように「簡単で高性能なバックアップ・クローンツール」がないので、Windowsマシンが変わった時や初期化が必要だった時に、すぐに同じ環境を構築できるという狙いもあります。

最低限インストールしたアプリ

今回インストールしたのは、下記のアプリです。すべて無料で揃います。

Hyper-V

Windows 10 の Hyper-V の概要

Windows製の仮想化アプリです。WindowsのProバージョンでしか使えませんが、Windows製なので安心感があります。WindowsがHomeエディションの場合は、Virtualboxで代用しましょう。

Hyper-Vがあれば、DockerやLinuxでローカルサーバーが構築できます。

Git for Windows

Git for Windows

Windowsはデフォルトでgitが使えないので、インストールしておきます。後述のWSLがあればWindowsにはgitには不要なんですが、ATOMのgit機能などを使う際に必要だったりするので、インストールしたほうが便利です。

Atom

Atom

Github製のテキストエディタです。

カスタマイズ性が高いだけでなく、gitとの親和性も高く、アプリ内からstaging、commit、pushができるスグレモノです。

また、キーバインドをかなり自由に設定できるので、キーバインドを変更するとショートカットの操作などもMacと同じようにできます。

Windows、Mac、Linuxとほぼすべてのプラットフォーム向けにアプリが用意されているので、エディタをATOMに集約しておくと、Macを再度使う際に環境構築が楽になります。

Google日本語入力

Google 日本語入力

Macに似たキーバインドをするために使います。

詳しくは、下記の記事をどうぞ。

WindowsでMacのキーボード・タッチパッドの操作を再現する

Ubuntu with WSL

Ubuntu | Microsoft Store

最新のWindows 10では、Windows上でLinuxを走らせる「Windows Subsystem for Linux(WSL)」が搭載されています。

WSLを有効にしてUbuntuをMicrosoft Storeからインストールすれば、Windows上に簡易Ubuntuを構築できます。

homebrewがLinuxにも対応したため、nodejsなどの開発系アプリも、WSLがあればbrewコマンドでインストールができます。

WSLの仕組みやインストールについては下記の記事をどうぞ。

WindowsとLinuxの架け橋“Windows Subsystem for Linux”

Ubuntuが用意できたら、homebrewをインストールすると、いろいろと便利です。

WSLへのHomebrewのインストールは、下記の記事をどうぞ。

Windows Subsystem for Linux(Bash on Windows)にHomebrewをインストールする

お好みのブラウザ(Chrome、Firefox 、Vivaldi )

Microsoft Edgeは挙動がおかしかったり、使いにくかったりするので、ChromeかFirefoxを入れておいたほうがいいでしょう。

Termius

Termius

Windowsの標準は「コマンドプロンプト」か「PowerShell」ですが、どちらもMacの標準ターミナルやiTermを使っていたMacユーザーからすると、GUIが美しくなくてイライラするので、GUIが洗練されているTermiusがオススメです。

ウィンドウの背景透過はできませんが、カラーリングやフォントなどをカスタマイズできるので、使い勝手も見た目の満足度も高められます。

ちなみに、TermiusはWindows、Mac、Linux、iOS、Androidにもアプリが展開されています。

stable版だとローカルターミナルとして使えませんが、beta版ならローカルターミナルとしても使えるので、ここからbashコマンドでWSL上のLinuxに入ってしまえば、Macのターミナルとほぼ同じ状態にできます。

Termius Beta


MacユーザーがWindowsに移った際に行ったWeb開発環境の構築をみてきました。

実際にやってみると、WSLの存在がかなり大きくて、これのおかげでWindowsへ完全移行できてしまいました。

「最近のMacはちょっとなぁ」なんて思っているWeb開発者の方、試しにWindowsにしてみてもいいかもしれません。